カスタム製品開発

当社では、光技術のコンサルティングを通じて、プロセスの調査からアイディアをご提供、
紫外線光源設計開発から納品後のメンテナンス、部品の供給販売までワンストップで行なっております。

カスタム製品

カスタム製品開発までの流れ

製造プロセスの確認

製造プロセスの確認

お客様の要求仕様(UV強度や波長、露光サイズ、および、露光深度等)をもとに光源の選定を行い、コストと性能面を両立させた最適な光学系の設計を行います。

①半導体用途の場合、お客様の要求仕様(処理するレジストの種類や露光精度およびスループット)をもとに光学設計とシステム設計を行います。露光するレジストの感度波長をもとにUV光源を選定(UV-LampまたはUV-LEDの選定)します。また、スループットの要求を満足するために必要とするUV強度や露光サイズを正確に把握し、最適な光学系の設計に反映させます。

精密部品の接着用途の場合、UV硬化樹脂の硬化条件(感度波長と必要強度)をもとに、お客様の要求事項(制約された設置エリア、照射エリアと距離)に合わせた設計を行います。

最適な関連技術のアイディアのご提案

関連技術のアイディアのご提案

お客様のご要望を受けて、光技術を用いた設計やアイディアをご提案します。
お客様にとって理想的なUV照射ができる手法を、過去の実績や光学シミュレーションをもとにご提案します。
ご提案内容をもとに、お客様とともに納得いただける製品仕様(機能性能およびコスト)を協議し作り上げます。
仕様確定後は、CADを用いて社内にて詳細設計を行います。
社内で提案から実際に設計図を構築できるところのスピードと対応力が、当社一番の強みとなっております。

CAD

UV光源及びUV光源搭載システムの設計・開発

光源装置と搬送系、処理室を組み合わせたシステム設計

例)半導体用の周辺露光用装置のシステム設計
例)UV接着用であればワークの搬送と、接着剤塗布用ディスペンサーを組み合わせたシステム設計

製造現場へのご納品

パ-トナー企業からの協力を経て、無事仕様書通りに製品が完成した後は、実際にお客様の工場に出向き、設置作業を行います。

納品後のフォロー体制

メンテナンス

メンテナンス2

消耗品の販売

uv消耗品

カスタム製品の主な用途

半導体製造用 システムユニット(特注品)2
半導体製造
EW-04 半導体製造用 周辺露光
半導体製造
半導体製造用 周辺露光(特注品②)
半導体製造
自動車リペア用 防爆仕様品
自動車リペア
液晶基板製造
液晶基盤製造用 液晶露光(特注品)
液晶基板製造